プロポリスって何?

前へ
次へ

プロポリスの新陳代謝促進効果

プロポリスの効果に、「新陳代謝の促進」があげられます。新陳代謝という言葉は良く耳にしますが、新陳代謝を促進させるとは具体的にどういうことでしょうか?

新陳代謝とは

人の細胞は、60兆個と言われていましたが、その後、細胞の種類ごとに数を計算する方法により、「37兆個」という報告がされ、現在では37兆個が主流になりつつあります。人の細胞は、受精卵から分裂して、37兆個まで成長します。そして成長後はその数を維持します。数を維持するということは、細胞の分裂が終わるわけではありません。細胞は分裂しますが、1つは死滅して細胞の数は一定のままです。この細胞が分裂して、新しい細胞に生まれ変わることを、「新陳代謝」と呼びます。

新陳代謝のサイクル

新陳代謝は体の部分によって、サイクルが異なります。筋肉や肝臓では60日、骨が90日、皮膚が28日となっています。このサイクルは、加齢などによって違いがあります。よく「お肌のターンオーバー」という言葉を耳にします。これは人の皮膚の新陳代謝のサイクルを表現する用語ですが、28日という皮膚のサイクルは、年齢や健康状態で変わってきます。ターンオーバーが低下すると、シミやシワなどの原因になります。これは、皮膚だけではありません。新陳代謝が良くないと様々な病気や老化の原因になるのです。

プロポリスが新陳代謝を促進させる理由

プロポリスが新陳代謝を促進させる理由は、その中に含まれている「フラボノイド」にあります。フラボノイドは、ポリフェノールの一種です。ワインなどに多く含まれるポリフェノールは、「活性酸素」を除去する栄養素として有名ですが、このポリフェノールの約85%がフラボノイドなのです。

老化を防ぐ

活性酸素は、様々な病気や老化の原因と言われています。血液がドロドロになるのも、活性酸素が血液中の脂肪を酸化させるためです。フラボノイドはこのような酸化を防ぎ、血液の流れを円滑にします。新陳代謝が促進されて、皮膚などのターンオーバーも正常のサイクルに保ちます。まさにアンチエイジングを実現する成分と言っても良いでしょう。

プロポリスの種類によって効果も異なる

プロポリスには、ブラジス産、中国産、オーストラリア産、ドイツ産などの種類があります。それぞれフラボノイドやその他の抗酸化物質が含まれていますが、成分によって効果的な部分が異なりますので、その特徴を知ることが大切です。

(参考)
基礎代謝が落ちたと感じたら
http://www.children183.com/kisotairyoku.html

ページのトップへ戻る